いつもワンコだらけ

犬達の日常と子犬の成長日記をお届けします

病院 病院 病院

うちの場合、病院と言うとほぼ動物病院の事なのです。


昨日はペキニーズのお母さん犬のくろずが、お腹をこわしていて

朝から何度も下痢をしていたのでほかの2頭と共に急いで札幌の病院まで走りました。


ぽんずの抜糸と血液検査、くろずの便などの検査、シーズーさくらの妊娠エコー検査に行って来ました。


ぽんずはかなり調子が良くなっていて問題ありませんでした。🙂


くろずは4頭の赤ちゃんのお母さんなので抗生剤は使えないと言う事で、

お腹の薬2種類もらってきました。😥


シーズーのさくらはお腹の中に4頭の赤ちゃんがいました。

かなり大きくなってきているので早まるかもと言われました。🙂


ひとまず安心して帰宅しました。


お腹の調子の悪いくろずでしたが夕食はモリモリで完食でしたので、

薬を飲ませて安心して買い物に出かけました。

ところが帰って来ると大変な事になっていました。


くろずと赤ちゃんの部屋がウンチと嘔吐物でぐちゃぐちゃ状態でした。

くろずは横になっていてグッタリしているのに赤ちゃんがおっぱいに吸い付いていました。😱🙀


もうどうしたら良いかわからず、以前から診ていただいていた病院に連絡しました。

夜間でしたが診ていただける事になり、大急ぎでくろずを連れて行きました。


点滴と吐き止めと下痢止めの注射をしてもらいました。

お薬ももらってきました。

赤ちゃんの授乳は少しの間控えて人口授乳できればして下さい。と言われました。


帰宅してから赤ちゃんに、ミルクを飲ませようとすると、

母乳に慣れている赤ちゃんたちは皆んなイヤイヤをして飲んでくれません。😢


困ってしまった私は一頭だけぽんず母に託す事にして、

残りの3頭の赤ちゃんは今まで通りくろず母にまかせました。


具合が悪いのに心配でしたが、朝までにはくろずも元気を取り戻し、

なんとか大丈夫そうです。少し安心しました。🙂


また、何が起きるかわかりませんが、

気を抜かないで見ていこうと思います。😩


今日も読んで下さりありがとうございました。🙇🏻‍♀️

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。