いつもワンコだらけ

犬達の日常と子犬の成長日記をお届けします

ブリーダー登録の意味

ほかのブログ主さんのブログを拝見していて、悪質ブリーダーの事を思い出しました。


ブリーダーの施設を1年に1回振興局の方が訪問し、問題点がないかどうかを視察に来られます。

検査に合格しなければ登録証をもらえない事になっています。



近郊のあるブリーダーは、訪問をかたくなに拒否し続けていると言うのです。


そのブリーダーは一人でかなり多くの犬たちを飼育しているらしく、

手が回らず周囲は異臭が漂っているというのです。

中を見たことのある人は、犬達はフンだらけのところに閉じ込められていて、

掃除もしたことがない汚れようだったそうです。

当然、お客さんに中を見せられるはずがありません。


そして、そのブリーダーは犬が売れるとそのお金でパチンコ店にいりびたるそうです。

一人しかいないのですから当然、犬達は放ったらかしになります。


その後振興局の許可は下りたのでしょうか。

今もその犬舎は経営しているようです。

いったい何を見て許可が下りたのか疑問です。


犬達のためになぜもっと厳しくできないのかも疑問です。

本当にこのままでいいのでしょうか。

なぜ登録のはく奪がされないのでしょうか。


それでも、多くのブリーダーは犬達に愛情を持って育てていますし、

規則を守ってまじめに経営している事も事実です。

そのような事も知っていただきたいと思っています。


似たような例はほかにもあります。

近いうちにまた書かせていただきます。


今回はほとんど字ばかりですみません。


読んで下さりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。