いつもワンコだらけ

犬達の日常と子犬の成長日記をお届けします

またしても

昨日のブログの写真を見て気づかれた方はいますか?

それぞれのケージの中に3頭ずつ、合計6頭の赤ちゃんたちが寝ていました。


一昨日までは全部で7頭の赤ちゃんたちがいました。


実は黒い赤ちゃん一頭が調子が悪くなってしまいました。

またですかという感じ。


その子は昨日の朝、突然にギャギャギャギャと苦しそうにひっくり返って息ができない様子でした。

舌も紫色になり、何が起きたのかわかりませんでした。


その子は太りすぎていてまだ歩くことができず這いつくばって移動していました。

いつも床に体をべったりうつ伏せになっていたために、体が平らになってしまいました。


ペキニーズは赤ちゃんの頃肋骨の柔らかい子がたまにいて、

生後2ヶ月くらいで骨がしっかりしてくるようです。


この子は太っていた事と堅い場所にいたためと思われますが、

いつのまにか肋骨が平らになり心臓が圧迫されてしまったようです。

昨日はもう死ぬのではないかと思いました。


どうしたら良いのか色々考えました。

その子の肋骨は柔らかいのでうつ伏せにして少し体を浮かせてあげると良いかもしれない、

と思い、腕のところから紐を掛けてあやつり人形状態にしてみました。


すると少しずつ楽になったようでした。一時的ですがホッとしました。

でもずっとあやつり人形をしているわけにもいかず、

考えた末、胸に圧力が加わらないよう、笑っちゃいますが石鹸ケースの蓋をくっつけることにしました。


お腹にチラッと見えるのが石鹸ケースです。スポンジのクッションをつけました。


それはうまくいきました。かめさんの反対バージョンです。お腹に亀の甲羅をくっつけたみたいです。

かわいそうですが、1週間くらいはそのまま様子をみようと思います。


早くはずしてほしいでちゅ


その後は一度も苦しそうな様子はなく、今現在、その子は元気にしております。

本当に良かったです。

離乳食は少し延期にしてミルクにする事にしました。


少しスリムになって歩けるようになれば大丈夫ではないかと思います。


いつも突然何が起きるかわからない犬たちに振り回されております。


今日も読んで下さりありがとうございました😊

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。