いつもワンコだらけ

犬達の日常と子犬の成長日記をお届けします

トイプーお引き渡しの準備

間もなく生後2ヶ月になるトイプードルの子のお引き渡しが、

あと1週間後にせまってきました。


ぼくどこにいくんでしゅか?



お客様から、心配の声をいただきました。


それは、今まで寝る時も遊ぶ時もいつも二頭で一緒に仲良くしていたのに、

急にお客様のおうちに迎えて一人ぼっちになり、

さびしくて夜泣きするのではないかというご心配でした。


いつも一緒


それはもっともなお話でした。

今までにも二頭の兄弟で産まれたシーズーの子が、お客様のおうちに迎えられた日から、

毎晩泣いて大変だったという事例がありました。


トイプーの子もきっとそうなるに違いありません。


いずれは別々になるのだから、かわいそうだけど今から別々のケージに

入れる事にしました。


入れてすぐに泣き出しました。

キャンキャン キャンキャン キャンキャンとずーっと泣き続けています。


だしてよー


あそびたいよー



かわいそうで代わる代わる抱っこしてあげました。

でも下ろすとまたキャンキャンが始まります。


もうほっておくしかありません。


子犬の事は気がかりでしたが、私は用事があり、家を4時間ほど留守にしました。

帰ってくると、諦めたらしくキャンキャンは止んでいました。良かった。


この日の晩までにはすっかり落ち着いて夜泣きもありませんでした。

これでお客様のところに行っても大丈夫とホッとしました。


ほかにも、しつけは色々ありますが、ブリーダーができるしつけには限界があります。

なにせ、赤ちゃんですから、

トイレでちゃんと排泄できない子、ペットシーツをめちゃくちゃにして食べてしまう子、ウンチを食べてしまう子

など、目が離せないものばかりです。


ほかの大勢のワンコ達の世話をしながらのしつけは、かなり困難をきわめます。

やはり、しつけは飼い主さんにおまかせするのが一番です。

しつけは大変ですが、必ずとてもいい子になりますので飼い主さんには頑張っていただきたいです。


私もお客様に喜んでいただけるようにできる限りの事をしていきたいと思っています。



今日も読んでくださりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。